2019年12月26日

冬の岩場のニッチ

S0153038.jpg
標高2000mの雪山でも出会うハギマシコ
よくこんな場所を占有したものだと感心する生きものがいます。
深海の熱湯が噴き出す周辺にいる、色のない甲殻類など。
ニッチが空いていれば、そこを独占する種が出てくるのが地球の歴史でした。
種が多様に分化し、進化してくる過程は、特殊な環境に適応できる者の出現を伴いました。
S0831913.jpg
200〜300羽の群れで飛び回っていることも
ハギマシコは、初冬にシベリアから群れで渡ってきて、草の実をついばむ鳥ですが、
崩壊地や崖の多い山岳に限ってみられます。モルタルの法面にもしばしばいます。
鳥から見れば、岩崖のような環境なのでしょう。
S0161111(151116牧峠)'.jpg
モルタルの法面では目立ちません(3羽が写っています)

イワヒバリは、夏山の稜線で、登山者の足下にも来る鳥です。
冬は高山を下りますが、やはり岩の多い山塊に限ってすみつき、
鉱山跡地などにもいます。木の枝には頑なにとまらない鳥です。
PC130137'.jpg
山あいの石垣で出会った冬のイワヒバリ
標高が1000〜2000mならハギマシコ、500m前後ならイワヒバリ。
冬の山の崖から飛び立つ小鳥は、まずこのどちらかです。
そのニッチの独占ぶりがわかります。

<あーすわーむ トップへ>





posted by あーすわーむ事務局 at 19:45| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。