2015年08月11日

アサギマダラとフジバカマ

DSCF1757'.jpg イケマで吸蜜
 渡りをする大柄で美しいチョウとして有名なアサギマダラ。南西諸島で越冬したものが春に産卵しながら本州を北上し、秋に新世代が南下します。多くのファンが各地で翅にマーキングをして放し、遠方で再捕獲されては話題になり、ロマンを誘います。
 ガガイモ科のイケマなどに産卵して幼虫がそれを食べ、その葉に含まれる毒を体内に蓄積。幼虫も成虫も目立つ模様が「食べてもまずいぞ」というPRになっているようです。
DSCF1326.jpg ヨツバヒヨドリで吸蜜
 オスはヒヨドリバナ属のフジバカマやヨツバヒヨドリから蜜を吸うことで性成熟します。アサギマダラの里にしようと、フジバカマを植える試みもしばしば見聞きします。が、フジバカマは奈良時代に中国から移入されたという説もあり、かつて撹乱の多い河原などでは多かったらしいのですが、少なくとも1950年代以降、国内ではほとんど自生が確認されていません。
 秋の七草に数えられる風流さから、「フジバカマでアサギマダラを」という郷愁的な思いもわかりますが、園芸店などで入手したフジバカマを植えるのは反自然的移入ですし、花もそっくりな在来種のヨツバヒヨドリで十分ではないでしょうか。

 地域固有の自然のつながりを無理に曲げずに保全していくとりくみが大切です。そして、美しいアサギマダラばかりが特別な存在ではありません。発想を発展させて、ほかの生きものはどうだろうかと目を向ける想像力も必要です。多様性を保全するには、いつまでも一種類に留まっていられないのも現実です。


posted by あーすわーむ事務局 at 17:29| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月02日

ご当地外来種&希少種

スライド1’.jpg
(上段左から)ギンヤンマ,ムラサキツバメ (下段左から)コムラサキ,ヤマトタマムシ

 昨年、東海地方のため池の多い地域に調査に行くことが何度かありました。
 池を中心に都市公園になっている場所もあり、市街地に囲まれながらもギンヤンマやチョウトンボが多く、金緑色のタマムシや、ヒクイナという鳥(他の地方では湿地や水田が残っていても壊滅に近い)も生息していました。ヒクイナのような種は、濃尾平野ぐらいの広さで良好な環境が保たれないと、繁殖集団として十分な個体数を維持できないのだと実感しました。

スライド2.jpg
水田にふつうにいたヒクイナの声は、古来より『くいなの戸をたたく音』として初夏の宵の風物詩だった

 一方、湿地には当然のようにアメリカザリガニとウシガエルが。胴長靴を履いて、沼の泥炭に腰まで浸かっていると、シオカラトンボが産卵に来ました。トンボが水面に尾をつけてちょん、ちょん、と産卵するそばから、メダカが集まってきて卵を食べていました。メダカが本当に在来のメダカであったかどうかは定かではありません。

スライド3.jpg
(左)夕方に上陸してきたアメリカザリガニ (右)ウシガエル

 やがて、ヌーッと目の前を泳いできたのはヌートリア。戦前から、毛皮をとるために南米から持ち込まれて養殖され、野生化した外来の大型ネズミです。目はよくないのでしょう、水面を音もなく2mまで寄って来たところで、じっとしている私のいる風景に、いつもと違う何かを察したと見え(双方10分ほどフリーズ)、また音もなくUターンしていきました。
 瀬戸内地方などもため池が多く、似たような希少種と外来種からなる生物相が特徴になっていると思われます。絶妙なバランスで成り立っていた生態系がこれ以上撹乱されないために、在来の希少種と外来種とが、できるだけ絶妙に無関係でいて欲しいものです。

スライド4.jpg
ヌートリア(ネコより大きいくらいのネズミの一種)




posted by あーすわーむ事務局 at 14:54| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月17日

日陰者にはしたくない

ジャノメ&ヒカゲチョウ.jpg
比較的ふつうの種類:左からジャノメチョウ、ヒメウラナミジャノメ、ヤマキマダラヒカゲ、クロヒカゲ

 ヒカゲチョウやジャノメチョウという昆虫がいます。林の中などにいる、ベージュの地に目玉模様のチョウたち。花よりも樹液や獣の糞尿などによく来ていて、幼虫はササやメヒシバなどイネ科の植物や、スゲ類(カヤツリグサ科)を食べる種類が多い仲間です。

 意識して目を向けてみると、「日陰」にもいろいろあって、似た者ぞろいのこの仲間も、すみ分けや食い分けをしながら進化・分化してきたことがわかります。地味な特徴が紹介されがちなこの仲間、実は希少種も多く含まれています。

ジャノメ&ヒカゲチョウ2'.jpg
減少している種類:左からキマダラモドキ、ヒメキマダラヒカゲ

 最大級のオオヒカゲ(長野県絶滅危惧U類)は、大きな翅のまったり感が魅惑的です。生息地はカサスゲなどのある、暗く湿った林。生い茂ったやぶをふわりひらりとすり抜けられる、不思議な大型種です。でも、チョウのメッカ、軽井沢でも、生息地はごくせまい一ヵ所しか知られていないほど限られています。そこから明るいところへ出る習性もほとんどないので、分散していくこともあまり期待できません。

オオヒカゲ.jpg
暗い林から出ることがないオオヒカゲ

 地味なチョウたちが地味なものを食べ、ひっそりと暮らしているだけなのに、なぜ生存を脅かされなければならないのでしょう。
 食草の分布を調べるのは、言うほどたやすくありません。食草があってもなぜかいない、ということも珍しくありません。危険分散のためチョウを移植するのも、移植先にそれまでいなかった原因を調べなければ、徒労に終わるかもしれません。移植による他への影響も考えなければなりません。
 たくさんの生きものが同様な状況にあるのですから、地域にできるだけ複雑多様な環境を残しておくことは絶対です。たとえば気候や地形や水脈を変えないこと。日なたも日陰も未来に残すべき環境なのです。

オオヒカゲ2.jpg
めったに翅を開かないオオヒカゲ。目玉状ではない黒い斑紋も特徴



posted by あーすわーむ事務局 at 00:16| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする