2014年08月17日

日陰者にはしたくない

ジャノメ&ヒカゲチョウ.jpg
比較的ふつうの種類:左からジャノメチョウ、ヒメウラナミジャノメ、ヤマキマダラヒカゲ、クロヒカゲ

 ヒカゲチョウやジャノメチョウという昆虫がいます。林の中などにいる、ベージュの地に目玉模様のチョウたち。花よりも樹液や獣の糞尿などによく来ていて、幼虫はササやメヒシバなどイネ科の植物や、スゲ類(カヤツリグサ科)を食べる種類が多い仲間です。

 意識して目を向けてみると、「日陰」にもいろいろあって、似た者ぞろいのこの仲間も、すみ分けや食い分けをしながら進化・分化してきたことがわかります。地味な特徴が紹介されがちなこの仲間、実は希少種も多く含まれています。

ジャノメ&ヒカゲチョウ2'.jpg
減少している種類:左からキマダラモドキ、ヒメキマダラヒカゲ

 最大級のオオヒカゲ(長野県絶滅危惧U類)は、大きな翅のまったり感が魅惑的です。生息地はカサスゲなどのある、暗く湿った林。生い茂ったやぶをふわりひらりとすり抜けられる、不思議な大型種です。でも、チョウのメッカ、軽井沢でも、生息地はごくせまい一ヵ所しか知られていないほど限られています。そこから明るいところへ出る習性もほとんどないので、分散していくこともあまり期待できません。

オオヒカゲ.jpg
暗い林から出ることがないオオヒカゲ

 地味なチョウたちが地味なものを食べ、ひっそりと暮らしているだけなのに、なぜ生存を脅かされなければならないのでしょう。
 食草の分布を調べるのは、言うほどたやすくありません。食草があってもなぜかいない、ということも珍しくありません。危険分散のためチョウを移植するのも、移植先にそれまでいなかった原因を調べなければ、徒労に終わるかもしれません。移植による他への影響も考えなければなりません。
 たくさんの生きものが同様な状況にあるのですから、地域にできるだけ複雑多様な環境を残しておくことは絶対です。たとえば気候や地形や水脈を変えないこと。日なたも日陰も未来に残すべき環境なのです。

オオヒカゲ2.jpg
めったに翅を開かないオオヒカゲ。目玉状ではない黒い斑紋も特徴



posted by あーすわーむ事務局 at 00:16| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年03月31日

鳥の混群(2)

キク・ヤマ・ヒガラ.jpg
(左から)キクイタダキ、ヤマガラ、ヒガラ

 シジュウカラなどを見ていると、「種類ごとに違う採食習性があるからこそ、混群の意義がある」ということがよくわかります。ヒガラやキクイタダキは針葉樹の枝葉でアリマキなどの細かいものをついばみ、シジュウカラはしばしば地上で落ち葉をめくっています。コガラは枯木を壊すようにむしり、枝の下側にしがみつくのも得意。コガラやヤマガラは、樹皮のすきまに種子を埋め込みます(貯食)。そうした行動を互いに見ながら、「そうか、そこか」とまねしたり、かすめ取ったりする相利関係があるのです。

 2〜3月になると、軽井沢の農耕地にヒバリたちが戻ってきて、なわばり分散をします。ここでは、毎年4月の初めに野焼きが行われますが、そんな日も、オスたちは煙に巻かれたなわばりを見捨てず、空でさえずり続けます。
 しかし、4月下旬に13cmの積雪に見舞われた朝、彼らはついになわばりを解除しました。再び冬と同じ、7〜8羽の群れになっていたのです。ヒバリたちは、雪の積もりにくい水辺や、雪の融けやすいアスファルトのわきなどで、中にホオジロ、ホオアカ、カシラダカ、カワラヒワなどを交えて、群れ生活に逆戻りしていたのです。
 食事場所が限られる場合、わずかな資源をめぐってなわばり争いするより、仲たがいしないルールにして、共同で食物探しや敵への警戒をする方がコストが少ないので、この切り替えは理にかなっています。これはおそらく内分泌系も関係したスイッチの切り替わりでしょう。

ヒバリ混群.jpg




posted by あーすわーむ事務局 at 20:10| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年12月08日

鳥の混群(1)

カモ混群.jpg
左奥からオオバン、キンクロハジロ、ホシハジロ、マガモ

 違う種類の動物からなる群れを「混群」といいます。冬は鳥たちの混群をよく見る季節です。
 池のカモは、同じ敵に対して、別種でも一団となって逃げます。できるだけ大きな群れになり、その中へ中へと入る方が、自分の命を守りやすいのでしょう。少しでも群れからはずれた1羽が、敵の標的になりやすいからです。
 混群の一つの定義として、2種類3羽以上、互いに25メートル以内、最短5分は維持され、同じ方向に30メートル以上移動する、というのがあります。その意味では、カモの群れは、敵が来たときの一時的な逃避手段であり、混群とはいいきれないときもあります。

混群編集1’.jpg
ヤマガラ(左)とシジュウカラ                ヒガラ

 林で見られるシジュウカラやエナガを中心とした群れは、かなり継続的な混群です。似た者同士ですが、林内での利用空間や採食方法が微妙に違います。「林で生きる」とひとことで言っても、そこには多様なニッチがあるわけです。いわば「目のつけどころ」の違う者同士で集まれば、敵と食物の発見が効率的になります。梢にいるエナガがいち早くタカを発見し、警戒声をあげると、他の種類もやぶへ逃げ込み、コゲラは木の幹にぴたりと身を寄せるといった具合です。

混群編集2.jpg
コガラ              エナガ               コゲラ

posted by あーすわーむ事務局 at 15:36| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする