2013年04月02日

冷涼で湿潤な風土が産んだ多様性

カスミサンショウウオと生息地'.jpg
カスミサンショウウオと生息地(長崎県:照葉樹林と休耕田)。卵のうは透明な三日月型。

 早春のこの時期、日本では何種類ものサンショウウオが産卵の季節を迎えています。日本は国土のわりに小型サンショウウオの種類が多く、比較的せまい地方ごとに別種に分かれています。平地の池や田で産卵するものから、山地の渓流で産卵するものまで。幼生は水中で育ちますが、えらがなくなって変態すると上陸し、森林内の地上でひっそりと暮らします(オオサンショウウオは一生を水中で過ごします)。

クロサンショウウオと生息地'.jpg
クロサンショウウオと生息地(石川県:山地のブナ林と池)。卵のうは白く不透明なアケビ型。

 DNAによる研究が進むにつれ、これまで同一種とみなされていたものが、別種として扱われるようにもなってきています。新種として認定される可能性のある地域個体群が、まだいくつもあります。
 種類が増えるかもしれない(今、急速に種分化しているということではありません)一方で、開発や里山放棄の影響で、絶滅に瀕した個体群が非常に多くあります。放置された休耕田も、水があるうちはよいのですが、干上がると壊滅です。水辺と森が、道路や宅地などで分断された結果、数年で個体群が消失することも珍しくありません。

ヒダサンショウウオと生息地'.jpg
ヒダサンショウウオと生息地(石川県:山地の小渓流)。卵のうは渓流の石の下に産みつけられ、水中で青く光る。巨大な砂防堰堤が彼らの遡上する道を塞いでいる。スギ植林地で伐り落とされたままの枝も、沢を土砂で埋める原因になっている。

 山地渓流性の種類はわりあい安泰かと思われましたが、激減していることがわかってきました。
 先日、ヒダサンショウウオの生息地を取材しました。このサンショウウオは、小渓流中の、子供の頭ほどの石ががっしり組み合わさったその裏側に卵を産みつけます。しかし、源流近くまで砂防堰堤が造られ、それによって沢に土砂がたまるにつれ、そうした大きな石が埋もれていっているのです。水量も少なくなりました。
 やむなく脆弱な石ころに産卵しているものがいましたが、本来の産卵場所ではありません。孵化するやいなや、幼生が生育できないところまで一気に流されてしまいそうでした。

 サンショウウオは高温と乾燥に弱く、夏はひんやりした森の地中で眠ってすごすものも。サンショウウオの種多様性の高さは、多雨多雪の森の国、冷涼で湿潤な日本の風土を象徴しています。多くのサンショウウオが日本固有種です。日本の各地が自然遺産になろうとするときに、その価値を証言する大事な存在でもあるのです。

ヒダの親子'.jpg
外縁の蛍光色が魅惑的な卵のうと、母親と思われる若いメスのヒダサンショウウオ




posted by あーすわーむ事務局 at 20:45| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年02月02日

二色のヤドリギとレンジャク

スライド1'.jpg

 私たちの目にはっきり違って見えても、遺伝的多様性はそれほど高くない、ということは多いと思われます。
 一本の木にたくさん根を下ろしたヤドリギ。水分や無機物を吸収し、そこから先の枝を枯らしてしまうこともあります。近づいてよく見ると、黄色い実の株と赤い実の株が。赤い実のものはアカミヤドリギという品種とされています。
 植物の品種という言葉はあいまいです。同種ですから生殖的隔離がないことはもちろん、同じ株の実の色が年によって違っていたとか、一株が同時に二色の実をつけていたという観察例も。

スライド2'.jpg

 ヤドリギの実は人が口にしても甘みがあり(舌に「しびれ」も感じます)、強い粘性があります。これを食べた鳥の糞が強い粘り気を持ち、それによって木の枝にからまるので、そこからまた根を下ろせるのです。鳥も排泄の際に気持ちが悪いのでしょう、積極的にお尻を枝になすりつけます。
 ヤドリギは、その成長も粘り気が持ち味。樹皮から維管束まで根を通すのに何年かかかるようで、それまでは枯れもしないかわりに、成長の気配も見られません。最初の葉が出るまで数年。あの大きく丸い株が目につくようになるまでには、十年ぐらいかかっているのです。
 http://w2222.nsk.ne.jp/~mizuaoi/
 http://15.pro.tok2.com/~satoubin/yadorigi.htm

 ヤドリギの実を好む鳥としては、冬鳥のレンジャク(連雀)類が有名です。尾の先が黄色いキレンジャクと、尾の先が緋(赤)色をしたヒレンジャクがいます。実の色も黄と赤の二色、鳥の色も黄と赤の二色というのは、偶然でしょうか。


スライド3.jpg
キレンジャク(左)とヒレンジャクの群れ。食べているのはいずれもキヅタの実。
レンジャク科はあと1種類、北米にいるヒメレンジャク(尾の先は黄色)のみ。


 キレンジャクはロシアからヨーロッパまで広く分布し、北・東日本にわりあい多く渡来します。主に北海道経由で日本列島を南下するのだともいわれます。
 ヒレンジャクはロシアのアムール川下流域が繁殖地で、どちらかというと西日本に多く渡来します。主に中国東岸から朝鮮半島経由で西日本に上陸するのだろうといわれます。
 小鳥たちは、その気になれば一晩(約10時間)で日本海を渡りきることができますし、その途中、離島で羽を休めているものも多くいます。しかし、できることなら、海上はあまり飛びたくないに違いありません。最終氷期に大陸と地続きだった二ヵ所が、現在もそれぞれの渡りのメインルートとして維持されているものと考えられます。


posted by あーすわーむ事務局 at 14:43| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

ウズラに復活はあるか

 昔は野草地だったあちこちの放牧場が、戦後、外来の牧草地に変わりました。多様な草花のあった草原は一様になり、生態系は単純化したことでしょう。鳥を例にとると、キジとウズラの2種類がいた「キジ科」の鳥は、キジだけに。モズとアカモズの2種類がいた「モズ科」の鳥は、モズだけに。極端な言い方ですが、科によっては種の多様性が1/2になったのです。

スライド2.jpg
かつて草原周辺の疎林に共存していたアカモズ(左)とモズ。今ではほとんどモズしかみられない。
アカモズは東南アジアから渡ってくる夏鳥。


 2012年の5月から6月にかけて、上信越高原のある牧場で、1羽のウズラがさかんに鳴いていました。昔はウズラが多かったというこの牧場ですが、記録が絶えて久しく、おそらく30年ぶりの確認だったと思います。現在、ウズラは北海道にわずかに残るだけで、本州ではほぼ絶滅しましたが、復活の兆しがあるのでしょうか。

P5181024.jpg
キジ。長距離は飛べず、渡りはしない。

 復活ウズラ(?)はどこから来たのでしょうか(かつて行われていた放鳥は、野生個体との交雑が懸念されるので、現在行われていません)。
 ウズラは渡り鳥。北日本やシベリア大陸で繁殖して、秋に南下し、東海地方以南の河川敷などで越冬します。春には北帰行。その途中、休憩に立ち寄った牧場でたまたま異性と出会い、そのまま居着いたのかもしれません。
 それとも、広大な牧場の片隅に細々と生き残っていたのでしょうか。ウズラの寿命は10年前後と思われますから、30年間も絶えることなく命のバトンを渡し続けていたとしたら、一定規模の個体群が見過ごされていたのかもしれません。
 激減し、5年前に狩猟鳥から外されたウズラ。緊急な調査が必要です。
        ウズラ.jpg
ウズラ(Craig Robson 2002 ”A Field Guide to the Birds of Thailand” より)。
キジ科としては珍しく、海や山を越えて渡りをする。



posted by あーすわーむ事務局 at 22:30| Comment(0) | なし | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする